日本最大の水引産地、飯田(カートピア取材より)
 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
当地域におきまして、台風19号による被害、多くの皆様よりご心配を頂きありがとうございます。
当地域では、大きな災害もなく、通常営業をしております。
被害に遭われた皆様へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
祝新元号 「令和」
10月は神無月(かんなづき)。諸説ありますが、全国の神様が一年の話し合いの為、出雲大社に集まり、神様が不在となる為といわれております。衣替えの時期で、季節は涼しくなり、徐々に秋へと。秋の収穫や秋の味覚が楽しい月です。新元号「令和」が始まりあっという間の5か月。今年の歴史的節目、新たな時代に変わり、良い時代にと期待が膨らむ記念の時です。

思い出を結ぶ飯田水引

日本最大の水引産地、飯田(カートピア取材より)


カートピア



水引の産地は日本各地にありますが、水引細工の約7割は長野県飯田市で作られています。
飯田は天竜川の豊富な水と紙の材料となる植物があった地で、古くは紙の産地でした。
江戸時代、藩の方針により、和紙を使った「元結(もとゆい)」の製造が盛んになり、明治時代以降はその伝統技術を使って水引が作られるようになりました。
今でも相撲の力士の元結は、飯田産の水引なのです。
まず飯田水引素材の製造過程は、大きなロールになっている和紙を2~3 CM 幅のテープ状にし、専用の機械でねじって紙縒り(こより)にしていきます。さらに別の機械でその紙縒りを長くピンと張り、着色し乾燥させ最後にのりでコーティングし完成させたものを同じ長さに切って行きます。
水引の種類によっては、その前に金銀のテープなどを巻きつける工程もあります。長さ18 M に渡された紙縒りの上に布糊とクレー粉で作った塗料をき鉄の棒と布で挟んで強く扱き、4往復するのが、手製の水引です。
昔はこれを炎天でも寒空でも外でやっていたのだそうです。

その水引素材を加工、飯田市内の田中宗吉商店4代目田中康弘社長は、結納品や各種お祝い用のご祝儀袋を作っています。
専務の田中秀明さんが水引を実際に結んでくださいました。
数本の水引があっという間に梅や鶴や亀になっていきます。
最近では各方面からのニーズに合わせて、水引を使ったブローチやナプキンホルダー、箸置きパッケージの飾りなど、オリジナルで考えることも多いのだそうです。
包んで、水引で結ぶ。そこには人の心が宿りますから、やっぱり水引は人と人を結ぶものなんだと思っています。と手を動かしながら話してくれました。


カートピア

ページトップへ