カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
祝新元号 「令和」
7月は旧暦文月(ふみづき)。七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習からが定説です。季節は、梅雨明けから本格的夏。七夕に海開きから花火大会納涼祭など楽しみの多い時期です。新元号「令和」が始まりあっという間の2か月。今年の歴史的節目、新たな時代に変わり、良い時代にと期待が膨らむ記念の時です。
2019/7/1更新

水引発祥の原点と興り

水引発祥の原点
水引発祥の原点は、遥か飛鳥時代607年遣隋使小野妹子が、海路で無事安全
に帰れるようにと祈願して、答礼使が携えてきた贈り物に紅白の麻布を結び付け、
日本に持ち帰ったといわれるのが水引発祥との伝承があります。


遣隋使
水引産業の興り
その後、平安時代になると、宮中における宗教的な儀式に「贈答品の装飾」として水引が使用されました。
宮中絵巻の解説によりますと、紅白は太陽陰暦の陰と陽を表し、
神聖な場所と一般社会とを区切るため、水を引いて清めるので
「水引」と記されているようです。
また、宮中では最高級の「口紅」を染料としたので「くれない」というとも記されています。
当時朝廷宮中内には、専門の水引工房・工匠がいて貴族内での特殊産業であったようです。
その後、庶民にも贈答が盛んになった江戸時代には、日本の独特の文化として定着しました。

ページトップへ