カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
ヘッダーイメージ 9月は、長月(ながつき)。日も少し短くなり、夜が徐々に長くなり稲刈り月とも云われます。 季節は、徐々に秋の気配を感じ食欲の秋として楽しみが増えていきます。 新型コロナウイルス、手洗いうがいマスクが非常に大切です。早く落ち着いて欲しいですね。 そして何よりも、皆さまご自身そしてご家族や周りの皆さまの安全とご健康を心からお祈り申し上げます。

9月セールバナー

シトラスリボンプロジェクト 水引で結ぶ

まだまだ終息の見えないコロナ禍 差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクト。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めている。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしましょう。

シトラスリボンの結び方

感染が確認された方々、私たちの暮らしを守り、支えてくれる方々(医療従事者・「エッセンシャルワーカー」の皆さまなど)が、それぞれの暮らしの場で「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちでありますように。
そんな想いを共有して多くの皆様で作っていただき、あなたの住むまちにエールを送っていきましょう。



    ページトップへ