6月セールバナー

花水引No.61-98

価格: ¥1,980 (本体 ¥1,800、税 ¥180)
[ポイント還元 20ポイント~]
色:
数量:

返品についてはコチラをご確認ください。

twitter

花水引は、NEW絹巻2022に生まれ変わりました!



1単位100筋(本)入

長らくご愛顧いただいてまいりました当花水引につきまして、生産工場縮小にともないまして、大幅な廃色(廃盤)並びに3月1日より大幅な値上がりとなりました!皆様には、長きに渡りご愛顧いただき感謝申し上げます。

詳細につきましては、下記をご覧いただきますようお願い申し上げます。

絹巻水引プロ用  水引

DM便バナー

廃盤商品につきまして
突然の在庫切れなども予測され、ご利用の皆様には、ご不便ご迷惑をおかけすることもございます。
一部在庫がなくなり次第販売終了となります。何卒恐縮ではございますが、ご理解賜りますようお願い申し上ます。
誠に申し訳ございません。

62淡ピンクは、廃盤になりました。
96翡翠色は、廃盤になりました。
66だいだいは、廃盤になりました。
80桔梗は、廃盤になりました。
81紅藍色は、廃盤になりました。
98栗色は、廃盤になりました。
89濃茶は、廃盤になりました。
84カナリヤは、もう間もなく廃盤になります。
95ぼたんは、もう間もなく廃盤になります。
85菜の花は、もう間もなく廃盤になります。
77草色は、もう間もなく廃盤になります。


代替商品につきまして↓↓
絹巻2022【NEW】       




色の参考比較

規格 長さ91cm 太さ0.9mm     100筋入1セット
人工絹糸(レーヨン)を原紙ひもにふんだんに巻きつけて絹のような本来の柔らかい
質感で出来ています。細工加工し易く、着物や風呂敷の
ような質感が楽しめます。絹巻水引より色が鮮やかです


上記より色をお選びください。
素材の色光沢素材感は、モニター上で表現することに
限界があり実際の色とは異なって見えることがございます。
水引見本帳を販売しておりますのでご利用ください。


※花水引と絹巻水引の違いについて※

絹巻水引と花水引の違いにつてですが、主に色の微妙な違いです。
絹巻水引は、従来から使用されていました基本色が中心の品ぞろえ
としておりまして、花水引は後発商品で、どちらかというとパステル調
の淡い色や鮮やかな蛍光色を中心とした品揃えとしております。

ほかにもこんな商品があります

水引素材 人気商品 サンプル帳

¥2,901(本体 ¥2,638、税 ¥263)

在庫 2 冊

絹巻水引

通常価格: ¥1,290(税込)

¥1,122(本体 ¥1,020、税 ¥102)

在庫切れ

みやこ水引

¥1,375(本体 ¥1,250、税 ¥125)

羽衣水引

¥1,436(本体 ¥1,306、税 ¥130)

色水引 

通常価格: ¥858(税込)

¥660(本体 ¥600、税 ¥60)

あけぼの水引

¥1,320(本体 ¥1,200、税 ¥120)

特光水引

¥880(本体 ¥800、税 ¥80)

企業ページ

結納サムネイル金封
正月飾り水引
水引飾りサムネイル水引
少数水引 

会員バナー
 
  6月29日12時頃までのご注文
  最短6月29日発送可!

 

              水引製造特許大正5年取得

           水引機械製造特許証

           (田中式水引製造法)


 

商品一覧

結納品
ご祝儀袋
水引飾りサムネイル
元結サムネイル
正月飾りサムネイル
水引ラッピング
水引アクセサリーサムネイル
水引製作キット
水引雑貨
水引サンプル帳
水引素材
SALEサムネイル


ご案内

企画デザインサムネイル

送料バナー

支払バナー

CALENDER
  • 今日
  • 休業
  • 適宜営業

■お問合せ■
お問合せ電話番号
0265-22-3935

「WEB担当田中宛にお願いいたします。」
■営業時間:8時30分~17時30分
定休日:日曜・祭日・土曜(および年末年始、夏季休暇)
※お電話へのご対応は基本的に営業時間内となりますが、時間外であっても出来る限りご対応させていただきます。
メールへの返信は遅くも翌営業日以内までにご対応をさせて頂きます。
※ネットFAXでのご注文は365日/24時間受け付けております。

◆水引「そうきち」情報ブログ

店長写真

南信州飯田の美しい水引を個人用小ロットから、業務用に至るまで多種多様に対応させていただいております。即日翌日発送実績90%以上。対応も迅速です。
個性的な商品も少しづつ増えております。さらに、新しい企画や商品の準備に努めております。
店長日記はこちら >>

南信州ナビ
南信州の懐かしい味「飯田の鯉料理」
風越山を愛する会
御国金封録
QR

ページトップへ