カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
7月は、文月(ふみづき)。七夕に詩歌を献じ、書物などを夜風に曝すことからが定説です。季節は、梅雨明けが待たれ、本格的夏に。七夕や海の日お中元土用の丑の日など、夏の催事が楽しみな月となります。
新型コロナウイルス、手洗いうがいが非常に大切です。早く落ち着いて欲しいですね。
そして何よりも、皆さまご自身そしてご家族や周りの皆さまの安全とご健康を心からお祈り申し上げます。

水引『アマビエ』疫病退散を願い祈祷!

 緊急事態宣言解除の当地域!まだまだ心配が続きます。長野県飯田市のシンボル風越山1,535m山頂付近に、飯田の水引職人の縁りの神社「白山社奥宮」があります。通常一般者片道3時間の登山ルートを本日早朝1時間40分で‼


水引『アマビエ』疫病早期退散祈祷祈願!

COVID-19早く落ち着いて欲しいですね。
そして何よりも、皆さまご自身そしてご家族や周りの皆さまの安全とご健康を心からお祈り申し上げます。 

水引アマビエ




水引アマビエ



水引アマビエ

疫病退散 「妖怪アマビエ」を水引結びで皆さん作りましょう。

◆◆コピー複製OKです。◆◆ STAY HOME週間   自由にお楽しみください。 レシピなどお問合せも承ります。



「疫病がはやったら、『アマビエ』を写して人に見せなさい」。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、江戸時代の妖怪にまつわる言い伝えがインターネット上で話題に。

新型コロナウィルスの早い終息を願って、皆さんで「妖怪アマビエ」を水引で作成しましょう。
作り出すとモチベーションがどんどん上がりますよ!
自宅待機中の皆さん。自由な発想でチャレンジして乗り切りましょう。



妖怪アマビエ水引

「写して人に見せなさい」という江戸時代の妖怪にまつわる言い伝え
江戸時代後期肥後の国に現れたという。この話は、挿図付きで瓦版に取り上げれ江戸にまで伝えられたという。




◆◆コピー複製OKです◆◆ 
レシピ    お問合せ受け付けます。

疫病退散 水引『アマビエ』ストラップ【送料無料】

情報誌 しんきんカード「 はれ予報 2019年11月号」に掲載!

長野県飯田市は、目映い星空、ワイルドな渓谷 絶景を目に焼き付ける旅

飯田水引
力士の髷にもアートにも!伝統の技術をつなぐ飯田水引


はれ予報

水引とは和紙によりをかけて作る飾り紐のこと。飯田は国内トップシェアを誇る水引の産地だ。始まりは江戸期。転封でやってきた領主が、原料の木も水も豊富なこの地の環境を知って、和紙づくりを奨励したということだという。

その和紙を素材に桜井文七という職人が作った元結(もとゆい)(結髪用の紐)が江戸を中心に人気を呼びました。
古典落語文七元結にも登場する、その元結の技術が飯田水引の源流にはあるのです。
1877年創業の老舗「田中宗吉商店」

元結は、明治の断髪令で廃れたが、水引は、のし袋や贈答品にあしらう飾り紐として需要を伸ばす。
戦前の女学校で作法の授業でも水引の結び方を教えていたくらい、それは生活に浸透をしていた。
色のバリエーションがぐんと増えた近年は、アート素材としても注目されている。
最近注目を頂いているのは空港などで観光客の人気を集める『ガチャガチャ』への商品供給。
お相撲さんが使う元結や懸賞金にかける水引も多くは、飯田産である。

田中宗吉商店の事務所隣接するショップで商品を購入することが可能。
店舗の建物は、築130年。元は作業場だったところを利用している。
1年半ほど前にオープンをしました。

水引そうきち店舗


水引ガチャ

長野県の南端。天竜川に寄り添う飯田・下伊那は、峰々に囲まれた立地ゆえか、経済的にも文化的にも独自の発展を遂げてきた。
飯田は2027年にリニア中央新幹線が開業予定、停車駅として盛り上がっている。
人が多くなる前に、手つかずの自然を残せばこその絶景群を体験したい。

「リアル天の川」に感動」「本物の暗闇」体験も新鮮「浪合パーク」

天竜川の渓谷美と大迫力の舟下りを体感。
名店ひしめく焼肉の街・飯田
そして人形劇の街
世界の人形劇団が集結!浄瑠璃の伝統も根付く街



長野県飯田市 郷土探訪2019-11

はれ予報

NHK長野放送局「イブニング信州」に当社放映

NHK地元長野県版となりますが、「イブニング信州」2020年6月22日(月)夕方6時10分から放送予定の中で、当社の製品が取材を受け放映されることになりました。よろしければご覧頂きお楽しみ下さい。




水引取材

ページトップへ