カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
8月は葉月(はづき)。由来は、木の葉が落ちる月、稲の穂が張る時期などという諸説です。旧盆や夏休みそして各地夏祭りに花火などイベント盛りだくさん。日本の伝統情緒あふれる月です。夏の楽しみの多い月です。

飯田水引をもっと身近に

法政大学キャリアデザイン学部4年
酒井ゼミ飯田水引プロジェクト
櫨山(はぜやま)ゆかりさん(埼玉県新座市出身)からのメッセージ
私たちは、飯田水引をもっとたくさんの人に、より身近に感じ使用してもらうため、2つの取り組みを行いました。

1、「メッセージカードx飯田水引」
こちらは、神楽坂のイベントワークショップを開催し、参加者の皆様には、「見る」「使う」だけでなく「つくる」楽しみも感じて頂き、飯田水引を肌で感じてもおらうことができました。
2、「おみくじx飯田水引」
飯田市の半八重桜をモチーフに、職人さんの高い技術力により形になった飯田水引を3色展開したことで、飯田水引のもつデザイン性の高さや豊富な色合いについて発信でき、当日の販売では「かわいい」「すてき」という言葉をたくさんかけて頂きました。アクセサリーにアレンジすることで、日常的にも使用でき、飯田水引を身近に感じられると思います。
このプロジェクトでは、学生ならではの視点を大切に、飯田水引の活性化に努めていきたいと思います。
(広報飯田より)


水引ワークショップ

確かにそうですね。ご意見をご参考に新たな製品開発に早急に尽力して参ります。

健康長寿、無病息災の願いを込めて「下の世話お守り」

健康長寿を祈る絹製「ふんどし」週刊飯田の記事より発見!
これを開発したのは、飯田市上郷で和物雑貨、和服を製造している筒井和服さん。
水引をかけた下着をタンスに入れておくと一生下の世話にならない言い伝えがあり、トイレの守り神「烏楠沙摩明王(うすさまみょうおう)」をあしらったお守りのようです。絹製で実際の着用もお薦めだそうです。!!
天竜峡交流館でも販売だそうです!!
下の世話お守り

水引とお菓子のコラボ信濃毎日新聞に掲載されていました。

飯田下伊那地域の伝統工芸「水引」を使用し、容器の飾り
とのコラボお菓子「水引メレンゲ」ができた模様です。近
いうちに購入し皆さんにご案内したいと思います。開発さ
れたのは、豊岡村在住の黒田さんという人らしい。今回開
業される道の駅「南信州とよおかマルシェ」での販売企画
の商品とのことで、商品は、グラデーションメレンゲ菓子
を、野々村水引店さん開発のスパイラル水引で、縁起の良
い叶結びで四葉のクローバー風に表現した飾りが、容器を
彩り、ヘアーゴムとしても使えるようです。水引は身に着
けると「幸せがやってくる」「恋人ができる」などのジン
クスを提唱中 とのことです。全国展開も視野に今後が楽し
みですね。(2018.4.24信濃毎日新聞掲載記事より)
水引信毎記事

いいだ人形劇フェスタ2018世界人形劇フェスタ準備中

「小さな世界都市」を目指す飯田市の新しい一面をご覧頂ければと思います。
いいだ人形劇フェスタ2018世界人形劇フェスティバル「人形劇の町が生まれて40年」 開催日8月3日(金)〜12日(日) ポスターデザインも決まり準備も着々と進んでいるようです。
人形劇フェスタポスター
飯田市恒例の市民祭り。2018年人形劇フェスタ40年記念世界人形劇フェスティバル。ポスターもチラシも完成です。関連グッズも只今準備中です。開催期間には、涼を求めてお越しください。
いいだ人形劇フェスタ
人形劇フェスタ2018
フランス北部シャルルヴィル・メジェール市は世界を代表する人形劇の町。ここには「飯田通り」と命名された道があります。
マスコットキャラクター「ぽぉー」は、APPLEの造語でした。
飯田市では、市役所日本唯一の「人形劇のまつづくり係り」があり、小学校では、授業でも人形劇が行われ、小学校、中学校、高校には人形劇クラブもあります。

飯田水引コンテスト

2018年4月8日飯田水引コンテストが行われました。

全国52人90作品の応募があり、アクセサリー部門ギフト部門芸術部門の

3部門の応募の中から、厳正なる審査の結果下記作品が受賞いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

今回は、平面的作品が多かったようです。

最優秀賞は、

アクセサリー部門 飯田市 山口千津子さん

ギフト部門 豊丘村 有’sさん

芸術部門 成田市 平田奈々さん

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

水引コンテスト

2018年3月 第3回水引コンテストの応募者を募集いたします

IIDA MIZUHIKI CONTEST

作 品 募 集

第3回飯田水引コンテスト実施要項

飯田水引は、長野県飯田下伊那地方で何世代にもわたって伝え続けられてきた伝統工芸品です。水引は、人々の大切な想いを包み、日本古来の伝統風習に用いられ、雅やかにして美しさを象徴するものです。江戸時代からの伝統手法による生産を継承しながら、現在、全国の水引製品の約70%を生産しています。

今回のコンテストは、アクセサリーや飯田水引と同じく飯田下伊那地域の特産である干柿、和菓子などの魅力を引き立たせる商品開発・販売を目標とし、下記のとおり募集します。

アクセサリーや干柿、和・洋菓子などの魅力を引き立たせるような飯田水引のデザインを主に募集します。

応募申込締切 平成30年3月28日(水)

開催日 平成30年4月8日(日)10時から受付開始

会場 公益財団法人 南信州・飯田産業センター

〇コンテスト全般についてのお問合せ

公益財団法人 南信州・飯田産業センター

住所/〒395-0003長野県飯田市上郷別府3338-8 0265-52-1613 FAX0265-24-0962

E-mail/info@isilip.com URL/http://www.isilip.com 受付日時/土日を除く平日の9:00〜17:00

〇飯田水引に関するお問合せ先

飯田水引協同組合事務局

住所/〒395-0003長野県飯田市上郷別府3338-8 0265-22-3363 

受付日時/土日を除く平日の13:00〜16:00

主催:飯田水引コンテスト実行委員会

共催:飯田水引協同組合 ラプリ ハリカ 飯田下伊那菓子組合 飯田商工会議所 飯田観光協会 飯田市 公益財団法人 南信州・飯田産業センター

開催日時 平成30年4月8日(日)作品受付:10時から11時

一般投票:13時から14時30分 結果発表:15時から

部門 .▲セサリー部門コサージュピアスブレスレット髪留 カフスなど ▲フト部門干柿和・洋菓子ワインボトル日本酒4合瓶などの贈答品に添えて、高級感を付加できるもの7歃冑門上記以外

応募資格 年齢性別は問いません。グループの応募も可能。複数応募も可能。

応募方法 応募締切日までにメールかFAXにて応募し、作品は原則として開催日当日に持参すること。

やむを得ずコンテスト当日に参加できない場合は「4月8日午前中」指定で送付すること。

提出及び返却に係る費用は応募者負担とする。

応募締切平成30年3月28日(水)

作品 飯田水引を材料として使用した作品とすること

(事前の水引材料の提供はありません)

生花の使用は不可とする。それ以外は、プリザーブド・ドライ・アーティフィシャルフラワー、飴細工など不問とする。

作品寸法は、アクセサリー部門 ギフト部門 巾120mmx奥行120mmx高さ30mm 芸術部門巾450mmx奥行450mmx高さ450mmの範囲内とすること。

販売に至る場合は、別途契約を結ぶこととする。

審査基準 飯田水引の特性を活かした作品で、独自性、新規性、審美性、利便性に優れているもので、未発表の作品に限る。

賞 最優秀賞/各部門1点 飯田水引5000本

優秀賞/各部門1点 飯田水引3000本 

飯田水引組合賞/ 飯田水引2000本 

ラプリ賞/1点 ラプリオリジナル商品

ハリカ賞/ ハリカ取扱い商品 

ポルカ賞/ポルカ取扱い商品

参加賞/1応募につき飯田水引1000円相当

その他 受賞作品以外は、当日返却いたしますが、長期展示をご希望の場合は、お預かりして展示します。

受賞作品及び長期展示をご希望作品は、展示期間終了後に返却します。

作品の著作権は作者となりますが、飯田水引協同組合などが関わる広報・展示などの事業での使用権は主催者側とします。

応募方法

メールかFAXで下記詳細をご記入の上、下記まで応募下さい。

●氏名 ●団体名 ●住所 ●電話番号 ●FAX番号

●メールアドレス

●応募部門 ◆アクセサリー部門 ◆ギフト部門 ◆芸術部門

●長期展示の希望

●作品寸法 巾 x 奥行 x 高さ mm

E-mail/info@isilip.com  FAX0265-24-0962

水引コンテスト

水引コンテスト

========================================

平成28年1月30日水引コンテストが行われました。

最終審査の結果、最優秀賞にオーナメント部門 村澤里美さん装飾品部門 熊谷佳枝さん 芸術品部門 山口千津子さんに決定しました。

水引コンテスト

水引コンテスト

フラワーデザインを使って、飯田市の伝統工芸「飯田水引」の可能性を広げて−。学生のアイデアをもとに始まった創作展「飯田水引コンテスト」の本年度分の実施要項がまとまった。優秀な作品を、来年3月の「飯田お練りまつり」の期間限定で商品化する計画を盛り込み、伝統文化の発信と定着に弾みを付ける。

 コンテストは、飯田水引協同組合などでつくる実行委員会が主催。よりをかけた和紙を色紙や絹で巻いた水引を、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、あめ細工などと組み合わせて装飾。三辺の寸法を各四百五十ミリ以内で仕上げた飾りを展示し、発想や見た目、利便性を競う。

 婚礼の結納飾りをはじめとする需要が伸び悩んでいた飯田水引。認知度を高めるための新企画に導いたのは、長期休暇中に市内に研修に訪れる法政大生だった。

 数年前、協同組合の各社への訪問をもとに、魅力を広める方法として「水引を使ったコンテストはどうか」と提案。その後の作品展で、市内の花店オーナーが水引と花を組み合わせた創作品で賞を取った背景も重なり、内容が固まった。

 本年度は多くの人の目に触れるよう、飯田市の中心市街地で三月下旬に開かれる「飯田お練りまつり」で、優秀成績の作品を販売することに。飯田水引飾りが現代の生活に合う一面を、各地から訪れる見物客らにアピールする。

 コンテストは来年一月三十一日に実施。課題テーマ「絆」に沿って事前に製作した作品を持ち込んで審査し、各賞を決める。

 個人、団体で誰でも参加でき、複数点の応募も受け付ける。希望者は来年一月二十日までに、南信州・飯田産業センターに申し込む。

 実行委の大橋迪夫(みちお)委員長(68)は「飯田水引の発信と定着に向け、新しい世界が広がるようなアイデアを寄せて」と呼び掛ける。

 (問)同センター=0265(52)1613

水引コンテスト

水引コンテスト

日本の伝統の演出!水引オーナメント紅白の大きいサイズ

日本の伝統の演出!水引オーナメント紅白の大きいサイズ。
日本の伝統。心のこもった贈り物に、この水引飾りは、際立ち喜ばれています。
水引飾り紅白
サイズ170mm-100mmx75mm
水引飾り紅白

NH朝ドラ「わろてんか」で発見!

「わろてんか」で発見しました。 2017.11月27日NHK朝ドラ「わろてんか」に、おとその飾りに水引きの付いた飾りが使われていました。 素敵ですね 。
「わろてんか」で発見

NHK朝ドラ「わろてんか」で発見。出ていました。

昔は、こんなの当たり前だったんでしょうね!
水引掛け紙

2017年結納祭

年に1度の「結納祭」!飯田水引協同組合が、長野県飯田市滝ノ沢にある「白山社」で厳粛に、行なわれました。
結納祭
結納祭
※参考画像
水引白山社500年祭
お世話になった水引製品や役割を終えた結納品などを神に奉げる神事。結納品に感謝するとともに業界の発展祈願。今年は、神事のみの儀式となりました。
御祈お焚き上げは、ありませんでした。次回のお焚きあげは、来年の予定のようです。
※参考画像
結納お焚きあげ

日本経済新聞に掲載される

日経新聞掲載
平成29年9月29日付日本経済新聞長野県版「老舗研究」として、創業明治10年の当社が、最近の潮流にチャレンジしている様子が掲載されました。伝統と信頼を引続き維持し、お客様からも支持されております。

ページトップへ