カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
6月は水無月(みなづき)。「無」は、「の」と読み「水の月」。田植えも終わり、水を張る時期。「水張月」とする説もあります。祝日の無い月ですが、物事に最も集中できる充実する月です。気温が徐々に上がり、暑くなり木々の緑も濃くなり花が咲き乱れ、色とりどりの鮮やかさが目に留まり、楽しみの多い月です。

蝶水引付掛け紙セット 6組入【SALE品】

ギフト品の表包装。和文化の象徴。クラッシックスタイルのセットです。
大と小の2種類を特別価格にてご奉仕いたします。
白の紙は、手すきの本格的檀紙を使用し、手触り風合いが格段と上品となります。  
 
 
大のセット
紙サイズ 白紙 横49傳10cm 赤紙 49傳10.5cm  
水引飾り蝶のサイズ 9.5傳60僉11.7僉法_Gり水引の長さ 62
のしサイズ 横2.2傳6.3僉9.5僉
6組 ポリ入り 

水引蝶セット


小のセット
紙サイズ 白紙金寿字入り 38.5傳8僉\峪罅38.8傳8.8cm  
水引飾り蝶のサイズ 横6.5傳4.5僉11僉法_Gり水引の長さ 56
のしサイズ 横2.2傳6.3僉9.5僉
6組 ポリ入り 


水引蝶セット 水引蝶セット




ギフト品びは、本来奉書を贈り物に巻き付け水引で結び、熨斗が添えられていましたが、
のちに簡略化され水引結びを奉書に貼り付けたりなど、扱いやすい商品に改良した商品となります。
こだわりのあるご進物、ご婚礼のお祝いの品などにご使用頂けます。
【SALE】商品入れ替えの為、在庫があるだけのご提供となります。

蝶水引付掛け紙セット 6組入【SALE品】

価格:

800円 (本体 741円、税 59円)

大きさ:
購入数:
返品期限・条件 返品についてはコチラをご確認ください。

◆のし紙掛け紙の本来の意味合いについて◆ 
進物本来の正式な形としては、奉書に水引を結び、熨斗(のし)を右上に貼りますが、
親しい間柄や、一般的な進物の場合には、簡略化されたその用途別に印刷された物など
用途に応じて選択し、利用いたします。
これは、進物をむき出しにして贈るのは大変失礼ですので、品物を覆う意味できれいな紙で
包み、水引で結んで贈った日本の昔からの文化形式です。
一般に、のしの印刷された慶事用の印刷掛紙を「のし紙」と呼ぶこともありますが、弔事のとき
は、熨斗(のし)は印刷されていないので「のし紙」とは言わず、「掛紙」といいます。
掛け紙(かけがみ)とは、贈答品などの上面あるいは前面に掛けられる紙のことです。
贈答品の場合、贈る名目、贈り主を書き入れる為の奉書などを指します。
現在一般的には熨斗(のし)が掛け紙に直接印刷されるようになったため、のし紙は贈答
進物の掛け紙を指す場合が多いのです。

蝶水引付掛け紙セット 6組入【SALE品】

価格:

800円 (本体 741円、税 59円)

大きさ:
購入数:
返品期限・条件 返品についてはコチラをご確認ください。

ほかにもこんな商品があります

正月室内飾り水引リース凧

926円(本体 858円、税 68円)
購入数

正月室内飾り水引リース羽子板

926円(本体 858円、税 68円)
購入数

幸福をよぶ・・正月室内飾り福禄寿鶴

926円(本体 858円、税 68円)
購入数

ページトップへ